•    natsuki_739735629189919a

    最近、病院で歯の話をよくしているような気がする。ペットの寿命が長くなり年をとって歯石がたまり歯周病になるケースが多い。若いうちから予防をすればそんなには問題にならないが、どうしても年をとってから気付くことが多い。動物の場合、口の中を処置する時はほとんどが全身麻酔になる、そうなると年をとって心臓が悪かったり肝臓が悪かったり腎臓が悪かったりすると麻酔がかけられなくて結果的に歯周病は直せない。我々獣医師にとってこんなに悔しいことはない。
    そこで皆さん、歯のケアはしましょう。やり方はいろいろありますよ
    うちのかわいいセロ君もそろそろ歯磨きの練習を始めようと思います。
    自分の歯のケアもままならない獣医の独り言でした。