• 新しいスタッフ

    はじめまして。
    今回は院長の代わって日記をかかせていただきます。
    新人のいでです。
    2月から勤務し、病院に新たな風を吹込むように邁進していきます。
    これからよろしくお願いいたします。

    新しい病院の印象とホットな内部事情をお伝えいたします。
    ・ 日頃の院長の働きぶりをはじめて見ました。
    当時( 研修生でお世話になっていた時代 )、私の中では面白いお兄ちゃんの代名詞でしたが、そこは“お仕事”、普段とは違った真剣な場面の連続で診療しておりました。
    代名詞を改める必要があると感じました・・・。
    ・副院長に日々癒されております。
    心臓エコーや院内の仕事など、いろいろご指導いただいてます。
    今日は炊き立ての赤飯をいただきました。ほっかほっかですよ。
    ・ 一般的に病院のスタッフの対応で院長の技量が想像つきまが、看護師さんも検査の場面や、受付の対応、手術時の時など息つく間もなく一生懸命で、素直にこなしておりました。
    病院の目指す方向性が少し理解できたきがします。
    また、ちょっとした気の緩みが許されない事も多く神経を使うので看護師さんの働きに期待しております。

    以上が最新事情です。
    また病院ドラマをお送りする予定です。

    最強寒波のなか、忙しい合間をぬって動物さんたちを連れて来ていただいた飼い主様、無事に帰宅できましたでしょうか。
    これからも寒さが続きますので、風邪などひかぬよう気を付けてください。   

    みんながんばろう

    あけましておめでとうございます。
    昨年は、世界的にも、日本でも、私的にも
    いろいろ大変な一年でした。
    まあ、大変じゃない一年なんてないのですが・・・

    今年はいい意味で大変な一年になるといいと思います。

    頑張ろうニッポン

    頑張れ地球

    頑張るぞ俺 

    ○○な話

    natsuki_739852962468894a

    早くも11月になりました。
    ということで、今回は少し切ない話です。
    先日の早朝、自宅のチャイムが鳴りました。
    家の前でネコが倒れていたので助けてほしいとのこと。
    その猫は恐らく事故にあったようで、
    鼻からの出血があり、息が荒く、脳に障害があるような症状もあり、いわゆる瀕死の状態でした。
    助かる見込みは少ないけれど・・・
    もし助かったら、
    「その後の面倒を見てあげること」
    「ある程度の治療費も覚悟すること」
    を承諾してもらい、治療を開始しました。
    ところが・・・
    夕方に保健所から電話があり、
    「○○さんから連絡があり、これから引き取りに行きます。」
    とのこと。
    「そんなばかな~」って感じです。
    保健所さんでも負傷動物は治療してくれるそうですが、
    ネコの状態から言って、ちゃんとした設備がなければ今にも死んでしまいそうだし、
    もし助かっても飼い主が見つからなければ処分です。

    保護した人も大変な思いで保健所に頼んだんだとは思いますが、
    僕の気持ちも考えてほしいです。
    引き渡すのは切なすぎです。

    ネコちゃんは元気になりました(正直、奇跡的です)。
    ということで、この子をかわいがってくださる人を探しています。  

    徹夜

    現在午前3時。
    病院の一室で心電図の音を聞きながらこの日記を書いています。
    以前にもこの日記で紹介したことがある病気ですが、
    いま「免疫介在性溶血性貧血」という病気と闘っているワンちゃんが入院しています。
    やれることはすべてやったのであとは天命を待つしかないのですが、
    正直、心配で眠れません。
    ということで、今日は徹夜です。
    しばらくはまともに寝られそうにありませんが、
    頑張ります。

    そういえば、中日ドラゴンズ優勝しましたね。
    テレビを見てて思いますが、
    中日の選手ってやっぱり地味ですね。   

    今日は

    終戦記念日です。
    何も経験していない僕が言えることではありませんが、
    広島、長崎の原爆投下の日と終戦の日は、
    僕たち日本人が絶対に忘れてはいけない日だと思います。

    先日、あるテレビ番組で
    「子供たちに聞く、この世になくてもいいものベストテン」
    というようなコーナーがありました。
    「原発」とか「宿題」なんて子供らしい答えのある中で、
    ダントツの一位だった答えは・・・

    「戦争」でした。

    すばらしい

    世界に戦争がなくなる日はそんなに遠くはないのかもしれませんね。 

    天敵

    突然ですが、僕はハチが嫌いです。
    というか、怖いです。
    そんなハチが夏前から我が家のベランダに巣を作り出し、
    今ではかなり大きくなり、子供も成長し、大家族です。
    ベランダは住まいから下の病院へ向かう通り道なので、
    いつもハラハラしながら通勤しています。
    そこで、どうしたらいいものかとネットで「アシナガバチ」を検索してみました。
    するとどうでしょう。
    出てくる文字は「駆除」「駆虫」「退治」など恐ろしいものばかりです。
    何だか悲しくなってきました。
    もっと平和的な解決法はないのでしょうか。
    と思っていたら、ありました。
    ある質問サイトのハチの対処に対する回答で、
    「危害を加えなければ襲ってくることはありません」
    「あなたのところは自然が豊かなのですね」
    「温かく見守ってあげましょう」
    というのがありました。
    決まりです。

    怖いハチがベランダにいる。
    ということの解決はしませんが、
    寒くなればいなくなるということなので、
    それまでは気を付けながら温かく見守ってやりたいと思います。