• 僕らにできること

    恐るべし、地震。
    僕の率直な今の気持ちは、「こんなことになるとは・・・」です。
    今回の地震は揺れたその時からずっとテレビで経過を見てきました。
    直後の映像を見る限り、「揺れはすごかったみたいだけど、それほど被害はないのかな」って感じでした。
    それが、時間が経つにつれ、被害状況が報道され・・・。
    でも、今の僕らに何ができるでしょう。
    何もできないわけではないと思います。
    まずは「募金」でしょうか。
    1円でもいいともいます。
    コンビニでのお釣りを募金箱へ。
    ジュースを飲むのを我慢して募金。
    3時のおやつを我慢して募金。
    ご飯のおかずを1品減らして募金。
    被災地の復旧にはこれからまだ何か月もかかります。
    1日50円の募金でも3ヶ月続ければ5千円近くになります。
    これをみんながやれば人口200万人の名古屋市だけで100億円が集まります。
    もちろん今5千円を持って、1万円を持って義援金口座に振り込みに行くのも大事です。
    でも、何気に募金箱に入れる募金って大事だと思うんですよね。
    募金してる人を見たらその人もきっとつられて募金してくれますよ。
       

    過ちて改めざる是を過ちと謂う

    先週突然パソコンが壊れました。
    そしてすぐに修理見積もりに出しました。
    そして帰ってきた答えが、修理費ウン万円。
    それもハードディスクは交換。
    ということは、今までのデータは消滅。
    ということで、新しいパソコンを買いました。
    そろそろ買わねばと思っていたので、出費は仕方がないですが、
    データの消滅が痛い・・・。
    痛い・・と思っているものだけならいいが、
    昔に保存しておいた大事なデータなんかがあったら怖い・・・。
    さらに、新しいパソコンを買ったのはいいが、
    初期設定やネットワーク接続、メール設定とかが面倒くさい。
    でもやっと終わって、この日記を書きました。
    ちなみに最初にやったことは「定期バックアップの設定」です。
    同じ過ちは繰り返さない。
    人が成長するための鉄則です。
       

    チャリティーレクチャー

    あけましておめでとうございます。
    昨日、名古屋でチャリティーレクチャーなるものが開催されました。
    ある獣医界では有名な先生の発案の元、ある名古屋の先生の呼び掛けで実現された恐らく獣医界では初めての試みとなったレクチャーでした。
    そのスタッフの一員として僕も参加したわけですが、
    どんな事かと言うと、例えて言えばチャリティーコンサートと同じ。
    発案した先生が泉谷しげるで他のアーチスト(講師)を連れてきて、
    僕らスタッフが宣伝したり、ステージを作ったりして
    コンサート(レクチャー)を盛り上げ、お客さん(レクチャーを聞きに来た獣医さん)は満足して募金をしてくれる。
    といった感じです。
    もちろん、講師の先生方はノーギャラだし、レクチャー代として集めたお金も全部募金です。
    だけど、これだけみんなががんばって集めた金額も日ハムのダルビッシュ投手の年俸に比べたら・・・
    なんて、以前の僕だったらそう思っていたと思います。
    でも今回、このチャリティーのスタッフの一員になって思いました。

    一人が100円を募金するより、100人が1円ずつ募金する方がいいなって。

    ということで、いきなりチャリティーついでにいいこと書いてみました。   

    今年も

    またまた久しぶりの更新になりました。
    今年書いた日記は今回でやっと8回目。
    売れっ子漫画家もびっくりです。
    さて、今年もあとわずか。
    明日が木曜日ということで、病院は今日でおしまいです。
    今年はどんな年だったかなあ?どんなことがあったかなあ?
    なんて考えてみましたが、正直なんにも浮かんできません。
    きっと心の奥の引き出しにしまってあって探せば見つかるのでしょうが、すぐに思い出せないのは何だか悲しいです。
    ということで、毎年恒例の実行しない有言不実行男の宣言。
    来年は日々の出来事をできるだけこの日記に書きたいと思います。
    そして、来年末はこの日記で一年を振り返りたいと思います。
    そしてたまには、皆様の為になるような事も発信できればいいなと思います。
    来年もよろしくお願いします。 

    迷子犬

    SONY DSC

    朝晩めっきり寒くなってきましたね。
    数ヶ月前までは暑すぎると嘆いていたのに、数ヵ月後には寒すぎると嘆くのでしょう。
    そしてその数ヵ月後には・・・
    まだしばらくは地球は周り続けるでしょう。
    ということで、今回のタイトルは「迷子犬」です。
    先日、当院にリードも首輪も付けずにフラフラしていたシーズーを保護された方が来ました。
    すぐに飼い主も見つかるだろうと、それまでは預かることになりました。
    しかし、3日待っても飼い主は現われず・・・
    その子は眼に異常があり、歯周病の為口臭がひどく、お尻には大きな腫瘍ができ異臭を放っておりました。
    常識では考えられませんが、捨てられたという可能性が出てきました。
    獣医師の僕としては動物の不健康な状態を放っておくわけにはいかなかったので、飼い主さんには了承は得られてませんが、取りあえず眼とお口とお尻の腫瘍について治療をしておきました。
    口臭とお尻の異臭はなくなり、眼は輝きを取り戻しました。
    保護してもう10日が経ちますが、まだ飼い主は現われません。
    その間、おせっかいですが手術だけでなくシャンプーもカットもして男の子なのにリボンまで付けてしまいました。
    今は病院内を遠慮するそぶりも見せず自由にしています。
    でも夜は未だに寂しそうに泣いています。
    ということで飼い主さん、悪いところは治しておいたのでそろそろ迎えにきてあげてください。
       

    動物虐待

    natsuki_739834518507784a

    今日は8月31日、なんだかもう夏も終わりですねぇ・・・
    と言いたいところですが、超暑い。
    この暑さはまだまだ続くそうです。
    夏休みが終わって学校が始まる学生たちはこんな暑さで勉強ができるのでしょうか。

    ということで久しぶりの更新となりましたが、僕は元気です。
    と言いたいところですが・・・。
    先日の夜、ワンちゃんが昨日から歩けないとのことで来院され、診察の結果「椎間板ヘルニア」ということがわかりました。
    なるべく手術は早くしたほうが良いのでその日に手術を行いました。
    そして手術は無事に終わり、すがすがしい気分で病院の外に出てみると・・・。
    ダンボールに入れられた生まれて間もない5匹の子猫が置かれていました。
    たしか去年の春にもこんなことがありましたが、これはあきらかに動物虐待ですよ。
    もしこの日に手術がなくて朝まで外に出しっぱなしだったら・・・
    たぶん暑さで死んでいたでしょう。
    こんな非常識な人が近くにいると思うと心が痛いです。
    ということで、子猫たちは病院の看護師さんたちが仕事もほどほどに
    一所懸命お世話をしてくれています。
    誰かかわいい猫ちゃんもらってくれませんか?