• 輸血

    昨日、入院している猫ちゃんに輸血をしました。輸血といったらやはりドナー(提供者)が必要になってきます。ドナーには基本的に輸血されるワンちゃんやネコちゃん(レシーピエント)の飼い主さんに同居の子やお友達の子を連れてきてもらうようにしています。でも、輸血が必要なときは緊急のことも多く、飼い主さんもすぐにはドナーを連れて来れないことが多いのが現状です。今回もそのパターンだったので我が愛猫であるDeeDee君にドナーになってもらいました。幸いに血液が適合したので、50mlの輸血をしました。50mlといえば単純に体重換算すると僕でいう800ml以上になります。
    恥ずかしいお話ですが、僕は学生の頃200mlの献血をして顔が真っ青になりベットで休むことを余儀なくされたことがあります。僕の顔色が悪いのはこの頃からのような気がします。
    DeeDee君お疲れ様でした、おいしいご飯を食べてゆっくり休んでください。
    輸血されたネコちゃんは少し元気になって、今日一時退院しました。
    それでも血はまた必要になるかもしれないので、次はもぐちゃんにお願いしようかなと思います。
    ということで、人間のように献血とかが充実していればいいですが、そうもいかないのでこれからもDeeDee君やもぐちゃんそしてセロ君には協力してもらうことになりそうです。
    逆に皆さまは、万が一のことを考えて血を分けてもらえるお友達を作っておくといいと思いますよ。 

    散髪

    昨日は休みを利用して髪を切りに行って来ました。

    超面倒くさがりの僕は髪を切りに行くのも面倒くさく、行っても3ヶ月に一回ぐらいです。決まった髪型はなく、基本的には夏は短く冬は長いといった感じです。このホームページの院長挨拶に出ている僕の写真は春に撮ったものですから、髪を切ったばかりのさわやか(?)な短髪ですが、現在はそれから寒い冬に向けて伸ばし続けた結果、周りからは「うざい」と言われるぐらいの長さです。
    髪型と言えば、僕にも結構な歴史があります。

    小学校までは確かかわいいおかっぱ頭だった気がします。中学生と高校生の頃は野球部に入っていたので坊主頭でした。今でこそ坊主頭もファッションのひとつですが、その頃はよくバカにされたものでした。大学時代はというと、いろいろやりました。一年ぐらい髪を切らずに伸ばしたこともありました。これはただ汚いだけの人になりました。パーマをかけたこともありました。これは伝説になるほど失敗でした。金髪にしたこともありました。これはいろいろあって二日で元に戻しました。ということで、いろいろありますがほとんどがうまくいかず、決まったスタイルがないまま今に至ったというわけです。
    昨日はただ単に毛先を整えただけなので、すこしさっぱりしたぐらいですが、次回はまた何かチャレンジしようかなと企んでいます。

    二月になりましたが、昨日も今日も外は雨です。
    話は少し(かなり)変わりますが、地球には重力があります。高いところから物を落とすとその重力により物は徐々にスピードを上げながら落ちていきます。ということは、高い空から落ちてくる雨もかなりのスピードで落ちてくるはずです。でもそうでもない、なぜだろう?なんて子供心によく思ってました。空に向かって撃ったピストルの弾も考えてみると怖いですよね。
    その答えは、高校で物理を習うことにより明確に理解できました。簡単に言えば空気の抵抗なんですよね。僕は物理が結構好きで、その中でも力学が大好きでした。でも高校で習う力学はほとんど仮想空間の世界でした。いわゆる「空気抵抗は無視する」とか「地面との摩擦はないものとする」とかです。そんな世界を想像するととても怖く、面白いです。例えば、その世界で野球をするとカーブやフォークボールが投げれないのは我慢できるとしても、守るほうは怖くて仕方ないと思います、だってバットで打った瞬間と同じ速さでいつも飛んで来るわけですから。逆に打つほうは楽しいです、きっとホームランが激増するでしょう。地面との摩擦がなければ車はどうやって止まるのでしょう、同じ重さで同じ速さの車と正面衝突するしかないですね。
    ということで「二月になりましたが」で始まったこの日記が、まったく関係のないそして意味のない話にいつの間にか変わってました。
    30歳を過ぎてこんなことを考えている人は少ないでしょうけど、物理をかじった人は少なからずみんなこんなこと思ったりしますよね。   

    行ってきました

    昨日と今日にかけて(お知らせでは東京と書きましたが)神奈川の相模原で行われた「日本獣医がん研究会」に行って来ました。そのため二日間も僕の診療を休ませていただき、ご迷惑をかけたと思います。この間はあゆみ先生が頑張ってくれたおかげで助かりました。
    さて、この学会は文字通り「がん」についての学会ですが、年々参加者が増えているようです。これは動物も高齢化が進み、がんに悩まされる動物たちが増えているからでしょう。
    今回のメインテーマは「肥満細胞腫」でした。人ではほとんど見られない腫瘍なので聞いたこともない人がほとんどだと思いますが、犬には結構多いこわい「がん」のひとつです。
    肥満細胞腫と聞いて、「うちの子太ってるけど大丈夫かしら?」と思った方いませんか?大丈夫ですよ、太っているからなりやすいというわけではありません。逆に言えばどんな子でも出来ちゃいます。
    ということで、がんは動物でも早期発見早期治療が大事です。肥満細胞腫は体のあらゆる場所で発生しますが、ワンちゃんの場合、比較的皮膚に出来ることが多い腫瘍です。なので、たまに全身をよく触って皮膚にしこりがないかをチェックしてあげましょう。   

    昼寝

    僕はよく昼寝をします。午前の診療が終わり、病院の掃除が終わると休憩時間になります。手術や特別な検査、雑用などはこの時間に行うのですが、それがなければ食事をして、愛犬セロ君の散歩を済ますとだいたい昼寝をしています。ぐうたらに思われるかも知れませんが、急患や重症患者があると夜も寝られないことが少なくないため、僕は寝れるときに寝るようにしています(僕が以前勤めていた病院の院長は昼休みにいつもテニスをしていました。今考えるとすごい体力だなあと尊敬します)。
    その昼寝が結構気持ちが良くて、30分ぐらいでもすごい寝た気がします。少しの昼寝というのは健康にもいいみたいですよ。しかし、たまにその至福の時間を邪魔する人(営業とか宅配便とかいろいろ)がいます。その人たちに悪気はないと思いますが、僕は非常に不愉快になりその人たちに対して結構嫌な感じで対応してしまいます、すいません。
    でも出来る限りよだれをたらして気持ちよく寝ている僕を起こさないでください、おねがいします(救急の場合は別ですよ)。   

    間違いない

    動物病院にとって今の時期(冬)は比較的暇な時期であり、開院間もないなつきどうぶつ病院は特に暇である。一日に来院する動物が数件ということも少なくない。

    一日の診療時間が合計7時間なので、例えば患者の数が7件であれば一件一時間という計算になり、とても丁寧で有意義な診察が出来るはずである。

    しかし、当たり前かも知れないがそういうわけにはいかない。不思議なことにみんな一斉に来るのである。一日に5件しか来なかったのに待合室に4件ならんだこともある。一般的に混む時間と空いている時間はだいたい決まっており、どうしてもしょうがないことだとは思うが、たまによくわからない時間に混むことがある。

    今日も一日暇だったが、夕方のある時間に患者が集中した。

    そこでなぜかと考えたらひとつ有力な説が浮かび上がった。「ヒューザー小嶋社長の国会証人喚問が終わったから」説だ。多分違うとは思うが僕はこんなどうでもいいことを考えるのが結構好きである。
    2002年の夏、僕が勤務医だった頃、忙しい時期にもかかわらず患者の数が極端に少なかったことがある。

    これは「サッカーワールドカップ日本が試合をしていたから」説で間違いないであろう。