• 病院の選び方

    今日は日曜日ということで病院は14時で終わりましたがお預かりの子が2人(犬)いて外出ができないので、その子たちの様子を見ながら書いています。しかし、今日もこれといった出来事がなかったので僕が書くのもなんですが結構質問される「良い病院の選び方」でも書こうと思います。
    まず第一の条件は「近い」ということでしょうか、何かあったときにすぐにつれていける、または来てくれる病院が一番だと思います。
    しかし、病院は病気のときだけ行くわけではなく、健康診断やワクチンなど元気なときにも行くので先生との相性も大事だと思います。難しいかもしれませんが僕は動物たちが喜んで病院に入ってきてくれることが理想だと思います。また、動物だけではなく飼い主との相性も大事で、話がおもしろいとかわかりやすいとかまゆげが濃いとか・・・。とにかくその先生のことを信頼できなくてはいけません。
    しかし逆に信頼しすぎても危険な場合があり、治療していても全然治らない場合はセカンドオピニオンとして違う病院にいくことも必要です。獣医師は人の医師と違ってすべての疾患を診なくてはいけません。しかし、誰でも得て不得手があります、すべて得意なら良いのですが、そうでない場合は正直に「自分ではわからないから・・・先生を紹介します」といってくれる先生もある意味良い獣医師ではないでしょうか。そういった場合は獣医師間のネットワークが大事です。どこどこの研究会に所属しているとか、「学会のため休診します」ということがよくあったりとか、獣医師会に入っているとかひそかにチェックしておくと良いかもしれません。
    最後に大事なこととして「値段」だと思いますが、最近は動物病院もディスカウント化しており、僕らのような小さな病院では太刀打ちできません。安いに越したことはないと思いますが、わが子が病気になったことを思って信頼できる先生を一人か二人見つけておくと良いと思います。きっと治療費に関してはどの病院もそんなには変わらないと思いますよ。
    長くなりましたが簡単にまとめると理想の動物病院は「家に近くて自分とも動物とも相性が良くていろんな先生と仲が良くてたくさん勉強してそうな、安い病院」ということでしょうか。
    そうなると少し自分の病院に自身が持てなくなってきそうですが、これからも「良い獣医師」めざして日々精進したいとおもいます。
    ※これは僕の一意見です。異論、反論はあると思いますが許してください。   

    MGF

    今日は買い物に車で栄まで行きました。買い物については何も書くことがないので今回は僕の愛車「MGF」について書こうと思います。MGFとの出会いは約4年前、平塚で働いているときでした。もともと250ccのバイクで湘南の風を切っていたのですが、今度はオープンカーで風を切りたいと思い車を探しました。車が一台しか展示できない小さな中古車屋でMGFが置いてあったのを見て即買いしてしまいました。小さくて乗りやすい車ですが、買った初日にぶつけられたり、一ヶ月で動かなくなって半年間も工場から帰ってこなかったり、後ろから煙が出たり、クーラーが効かなかったり(3年めぐらいから)となんともやっかいな車です。二人しか乗れないし、荷物も乗らないしマニュアルだし、暑いし、寒いし、いつ壊れるかわからないしと、奥さんには文句ばかり言われていますが、僕はけっこう気に入っているのでもう少しMGFにがんばってもらって、次もオープンカーを買おうと思ってます。
    また、動物とは関係ないことを書いてしまいました。次回を期待してください。   

    ドラゴンクエスト

    かれこれ一ヶ月前からですがドラゴンクエスト8をはじめました。今は忙しくて夜の一時間ぐらいしか出来ませんがもうすぐクリアーというところまで来ています。ドラゴンクエスト1が出たときはたしか小学生でファミコンが全盛のときでした。それから約20年、いまでもやっている僕はどうなんでしょう?そう思いながらついやってしまっています。それにしても、ドラゴンクエストという題名はもう関係ないような気がします。日記も何事もないと書くことに困りますが、次は少し獣医らしいことでも書こうかなと思います。   

    大事件

    世の中ではロンドンでの同時多発テロが話題騒然の中、我が家でも大事件が起きました。

    今日の診療は非常にひまだったので、二階の猫たちの様子を見に行ったところいつもなら「にゃあ、にゃあ」と寄ってくるDeeDeeが来ないのです(ティガとモグはいつも来ません)。

    おかしいなとは思いましたが、こんなときは大体どっかで寝ているものなので(洗濯機の中とか引き出しの中とか)適当に探してみましたが見当たりません、いくら呼んでも返事もありません。

    こうなると大変です、下の病院で仕事をしていたあゆみ先生も呼び出して家のあらゆるところを探しました。やっぱりいません、(初めての)脱走です。

    外は大雨、いくらひまといっても病院を離れるわけもいかず、お昼は手術も入っていたので(もしかしたら家の秘密の場所で寝てるのかも)なんて思いながら帰宅を待つことにしました。そして、午前の診療も終わり、手術が終わったところでもう一度外に出て「ディーディー、ディーディー」と叫んだところ、どこからともなく「にゃあ、にゃあ」とずぶぬれ、どろんこになって帰ってきました。

    一件落着です。今はシャンプーもして体も乾いて何事もなかったように寝ています。なにはともあれよかったです。   

    雨男

    今日は待ちに待った開院の日なのに大雨でした。とはいうものの今日雨が降るということは7月4日という日が僕の病院の開院日に決まったその日から決まっていたのも同然でした。なぜなら僕は雨男だからです。記憶をさかのぼれば、小学校の入学式から始まり行事という行事はすべて雨、たしか小学5年生のときに行く中津川林間学校なんて、大雨のせいで延期になって林間学校なのに冬近くになっていった記憶があります。つい最近やった自分の結婚式でも雨でした(調べてみるとその前後二週間ぐらいは雨がなかった)。ということで、水不足等でどうしても雨がほしい方僕を呼んでください。降らせます
    それでは、明日も雲行きは怪しいようですが、がんばります。  

    明日なのに・・・

    今日は後輩の結婚式のため東京に行ってきました。明日が開院日だというのに非常に迷惑な後輩です。でも、新郎も新婦もかわいい後輩なので目いっぱい祝ってきました。いよいよ明日から診療開始です。名古屋のカリスマ獣医師といわれるようにがんばります。皆さん応援してください