• 衣替え

    natsuki_73975623660567a

    6月になりました。雨続きだった天気がうって変わって最近は晴天が続き夏を思わせる暑さです。でもしばらくしたら暑くてさらにじめじめした梅雨が来ると思うとうんざりです。
    ということで、我が家で一番暑さに弱そうなセロ君を今日、衣替えしてあげました(耳はほぼ治りました)。
    衣替えといっても服ではなくて、毛を夏向けにカットしました。
    散歩で路行く人みんなに「きれいな毛並みだねー」と言われていた毛並みは跡形もなく、顔を見なければ何の犬種だかわからないようになってしまいました。いうなれば「シベリアン・ショートヘアー」とでも言うのでしょうか。
    でも、寒いところで活躍するはずのシベリアンハスキーを暑くて有名な名古屋で飼う訳ですから外見なんて気にしてはいられません。
    あゆみ先生の豆知識にも書いてありましたが、この時期ワンちゃんの熱中症にはくれぐれも注意してくださいね、ワンちゃんたちは僕らの予想をはるかに超えて暑いはずですから。そして皆さんもこれから来る暑い夏に向けて体力をつけて頑張ってください。
       

    事件

    natsuki_739754653005227a

    昨日のことです。いつもいっている公園のドッグランにセロを連れて行ってきました。まだ若くて好奇心旺盛なセロは相手が大きかろうが小さかろうがいくら迷惑そうにしていようがお構いなく走って追い駆けまわしています。
    昨日は日曜日と言うことでドッグランも非常ににぎわっており、セロ君の遊び相手もたくさんいました。
    その中の少し細めの大きなワンちゃんがセロ君を気に入ってくれたのか二人でじゃれあっていました。

    しかし、突然近くで大きな音がしてびっくりした勢いでそのワンちゃんはセロ君の耳を噛んでしまいました。さすが(?)のセロ君はやり返すことはせずに耳から血を流しながらキャンキャンと泣いていました。
    僕らはすぐに病院に帰り、治療をしました。
    耳には傷が4箇所、表と裏にがぶがぶと2回噛まれたあとがありました。
    今回の事件、立場が逆だったことを考えるとゾっとします。

    さらに相手が小型犬や人間の子供だったりしたら・・・
    皆さんのワンちゃんもいつ被害者や加害者になるかわかりません。逆にそうならないようにも普段から心がけておくのが大事だと思います。
    ワンちゃんがワンちゃんたちと楽しく平和に遊ぶことが出来るようにもしつけはほんとに大事だなと改めて思いました。
    (しつけとは人や物を噛んではいけないことを教えることもそうですが、大きな音にもびっくりしないようにするのも大事なんですね。)
       

    試験

    今日、詳しい内容は話せませんがある試験を受けました。試験といってもそんなに大げさなものではなく、難しいことでもなかったので無事終了し合格(?)をもらいました。
    試験と言うと自分自身あまりいい思い出はありません。と言うより苦手です。僕の本格的な試験の歴史は高校受験から始まったのだと思いますが、まずいきなり不合格でした。それは推薦入試だったので、絶対受かると思っていた僕はそれから何とか勉強して一般入試で高校に入ることができました。野球に明け暮れた高校時代の定期試験はいつも赤点との戦いでした。そして大学入試も残念ながら現役では合格できず一年寄り道をすることになりました。勉強以外で言うと、恥ずかしながら自動車免許もバイクの免許もみごとに一回ずつ落ちています。
    性格的に完全に本番に弱いタイプです。それと一回落とされないと真剣にならないんでしょうね。多分受かるだろうと思って何も用意をせずに受けて見事に落ちるといったパターンがほとんどです。
    でもここ最近の試験は国家試験(獣医師免許)、獣医腫瘍科認定医試験、今回の試験と連勝中です。
       

    ウキウキ

    先日、愛車MGFが動かなくなりました。修理に出して、バッテリーを新しいものに換えて何とか動くようになったのですが、またすぐにだめになり再入院、そしてどこやらのプラグを交換して今日帰ってきました。今のところ順調に動いてくれていますが、幾多の苦難を乗り越えてきたMGFもそろそろ引退の時が近づいているようです。
    前にも書いたようにエアコンは効かないし、雨漏りはするし、マニュアルだし、二人乗りだしと言った感じで奥さんには随分前から新しい車をせがまれている状態だったので奥さんは「何を買おうかしら」とウキウキです。
    外車で二人乗りのオープンカーというこだわりを持っている僕も今回ばかりは断念するしかないようです。そんな実用性のない車はもっと余裕がある人がセカンドカーとして乗るもんですよね。
    今度、奥さんとファミリーカーの展示場でも行ってみようと思います。
    でも、セカンドカーはまだまだ無理としてもバイクならすぐにでも買えるかなあと、僕も内心ウキウキしています。

    ささやかな休息

    natsuki_73975604437786a

    現在世間はゴールデンウィーク真っ只中です。しかし、我々のような小さな動物病院だと入院患者の世話をする獣医師が何人もいないのでなかなか大きな休みは取れません。
    今回は木曜日が間に入っていることと、祝日は午後二時で診療が終わること、そして幸いにも病院にはお預かりの子はいましたが、病気の子はいなかったので一昨日の午後から昨日にかけてセロを連れて長野県清内路村というところのキャンプ場に行ってきました。
    キャンプ場といいましたが、完全なインドア派の僕はキャンプなどせずに山道を探索したり、川に入って無邪気に遊ぶセロと一緒にはしゃぐだけでした。
    犬も一緒に泊まれるところだったので、一緒に同じ布団で寝ようと試みたのですが、おとなしかったのは最初の10分ぐらいでそれからは布団や枕は噛みまくるし、僕の顔は舐めまくるし、ということで結局サークルに入れられて寝ていました。
    行きも帰りも渋滞はなく、大きなトラブルもなく帰って来れました。
    僕たちが留守の間は恵ちゃんと藤井さんがお預かりしている動物たちの世話をしてくれました。二人とも安心して任せられる子なので本当に助かります。ご苦労様でした。
    それではまた今日から頑張ります。
       

    伊藤の謎

    皆さんお気付きかと思いますが、今月初めにホームページのスタッフ紹介が更新されました。そこでよく見ると、あゆみ先生を含め伊藤という苗字の人が3人もいるではありませんか。僕を含めるとスタッフ全5人中4人が伊藤です。
    伊藤じゃない方がおかしく感じるくらいです。
    そこで皆さんによく「兄弟ですか」とか「どういう関係なの」と聞かれますが、この4人に血のつながりはまったくありません。偶然です。
    受付の伊藤さん(伊藤さんと呼んでいます)は開院前からの知り合いで、開院当初から働いてもらっています。そのときはスタッフ全員が伊藤でした。そして看護士さんを募集したところ、たまたま伊藤さん(けいちゃんと呼んでいます)が面接に来て、採用されました。この段階でも全員が伊藤です。そこに伊藤さんと言う飼い主さんが家族4人ぐらいで病院に来ちゃって狭い病院の中に伊藤が8人ていうことも実際にありました。
    そして、最近新しく入ったトリマーさんはよかったのか残念だったのか伊藤ではなく藤井(藤井さんと呼んでいます)でした。
    でも反対から読むと「井藤」、これはこじつけ?
    ということで、「伊藤の謎」それは単なる偶然でした。